一般財団法人 小野田記念財団

お問い合わせ

さまざまな野外活動を通し、総合的な青少年育成を行います。

財団案内・小野田自然塾の歩み

自然は偉大なる師
暑い気候には人間の体を冷やしてくれる果実がなる。
自然の土壌と気候。そしてそこに生息する動植物は共存している。
人もその風土に合わせて、共存する中で知恵を学ぶ。
いや、自然が師となり導いてくれる。

小野田自然塾の歩み

 前団体(旧財団法人小野田自然塾)設立時、初代理事長小野田寛郎は健全なる人間形成と、文明社会と自然との共生のためにも、未来を担う子どもたちのための自然教育の必然性を痛感し、昭和59年7月より野外教育活動「自然塾」を開始。全国各地においてキャンプを開催、以来、毎年1,000名の子ども達の指導にあたっていました。
 この体験を通して、専用施設を備えた本拠地の設置と組織化が急務であると感じ、平成元年6月、財団法人化設立に至りました。
 現在の一般財団法人小野田記念財団は、故小野田寛郎の意思を継ぎ、青少年健全育成のために、自治体や皆様の後押しもあり、小野田寛郎に縁のある方々によって再度設立されることとなりました。

お問い合わせ先

《一般財団法人 小野田記念財団》

〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-10-34-501
TEL. 022-738-9142 (留守番電話対応の場合があります)
お問合せフォーム よりお気軽にお問い合わせください。

《塙町自然塾キャンプ場》

〒963-5522 福島県東白川郡塙町大字片貝字長久木先364

財団概要

小野田寛郎関連作品

NHK ETV特集

1974年、ルバング島に残留していた小野田寛郎元少尉が帰還した。舞台裏で日本とフィリピン両政府が極秘に続けていた外交交渉を新発見の資料と証言で明らかにする...

中村獅童さん主演ドラマ

1974年3月、ルバング島での30年に及ぶ諜報活動を終え、陸軍少尉・小野田寛郎は祖国日本に帰還した。終戦から30年を経ての生還。きっかけは、後にヒマラヤで雪男を追いかけ遭難死した冒険家・鈴木紀夫との出...
ページのトップへ戻る